Head Office for Open Innovation Strategy, Tohoku University

Projects

Life SciencesDiabetic Nephropathy Project

東北大学 工学研究科  小池 淳一 教授

LeaderGraduate School of Biomedical Engineering, Tohoku University, ABE Takaaki, Professor

Project Objective

全国の糖尿病患者は、約1,000万人いる。

糖尿病の合併症の1つに、糖尿病性腎症がある。

糖尿病性腎症が重症化すると、人工透析が必要となり、新規透析患者の約4割が糖尿病性腎症由来である。

本Projectsの目的は、下記の研究成果を社会実装することで、糖尿病性腎症の重症化を予防することにある。

Research Work

  • 遺伝子改変動物や糖尿病性腎症モデル動物、臨床現場の糖尿病患者にて研究を進め、腸内細菌が産生に関わるフェニル硫酸(PS)が、糖尿病性腎症の原因物質の1つであり、かつ糖尿病性腎症増悪の予測因子【診断マーカー】であることを発見した。
    【Nature Communications (2019) 10:1835】
  • PS産生に重要な役割を果たす腸内細菌が持つ酵素チロシン・フェノールリアーゼ(TPL)が糖尿病性腎症の新たな治療法・予防法開発のターゲットとなり得る。
    【医薬品 / 機能性食品】
  • 糖尿病性腎症の治療・予防には、診断マーカーである PS測定、その原料となる摂取タンパク質の栄養指導、プレバイオティクス・プロバイオティクスによる腸内細菌叢のコントロール、TPL阻害剤の使用など、異なる治療法を組み合わせてPSを低減させることが不可欠である。

慢性透析患者原疾患割合の推移

Mooreの法則

大学を核とした企業間連携

Projects

Page TOP