東北大学オープンイノベーション戦略機構

プロジェクト

ライフサイエンス分野医薬品開発プロジェクト

東北大学 医学系研究科  宮田 敏男 教授

責任者東北大学 医学系研究科 宮田 敏男 教授

プロジェクトの目的

東北大学メディシナルハブと協働し、東北大学と企業が持つ知的財産・技術と互いのケイパビリティを融合し、新規医薬品を中心とする革新的な医療ソリューションを創出する。

※東北大学メディシナルハブ
様々な業界の企業、国外の大学が参加している
東北大学医薬品開発オープンイノベーション・プラットフォーム。

研究内容の説明

  • 製薬企業が有する化合物のドラッグ・リポジショニング

    本学は製薬企業から化合物の提供を受け、新たな適応症を探すドラッグ・リポジショニング研究を推進する。さらに、企業治験に加え、民間投資や公的資金を活用して医師主導治験を行う。

  • 本学のアイデア、知財、シーズの実用化

    疾患の発症機序や治療標的分子の探索、臨床サンプルを用いた疾患の理解や創薬過程にある治療標的候補分子の妥当性の検証、新しいmodalityによる治療法の開発、創薬研究を支援する評価法・技術の開発などを行う。

  • 医薬工融合分野研究に基づく革新的医療ソリューションの開発

    本学の工学・医工学系研究者と医学・薬学系研究者との連携による技術融合により、新たな医療ソリューションを提案する。

Drug Repositioning

Invention to Innovation

東北大学メディシナルハブ

センサー IT マテリアル

プロジェクト一覧に戻る

ページトップへ